エストロモン服用中のお酒(アルコール)との関係

 

医薬品とお酒の相性は、あまりよくないと考える人は多いでしょう。もちろん、エストロモンとお酒の併用についても、なんとなく不安に感じてしまうのではないでしょうか。

 

そこで、ここからはエストロモンとアルコールの関連性についてみていきましょう。

 

基本的には飲酒OK

 

医薬品のなかには、アルコールと相性の悪いものがあります。たとえば睡眠薬の場合、処方される際にアルコールと併用しないよう説明をうけるはずです。なぜなら、睡眠薬とアルコールは併用注意となる組み合わせだからです。

 

ほかにも、アルコールとの併用に問題ありとされているのが、依存性のある医薬品です。アルコールには依存性があるため、依存性のある医薬品と併用してしまうと、それぞれの依存性を高めあう危険性があるのです。

 

これらの医薬品の添付文書をみると、アルコールとの併用について、注意をうながす記載があります。しかし、エストロモン(プレマリン)にかんしては、このような記載はなく、アルコールやお酒などの文字は見あたりません。

 

参考ページ:プレマリン添付文書

 

↑の添付文書の注意事項にふくまれないということは、基本的にエストロモンとアルコールは併用しても問題ないといえます。

 

飲酒を推奨するわけではありません

 

併用注意でないからといって、好きなだけお酒を飲んでもよいのでしょうか。じつは、エストロモンとアルコールの併用は、避けたほうがよい場合もあるのです。

 

エストロモンを服用すると、副作用がでることがあります。その副作用の症状が、アルコールを飲みすぎたときの症状と共通するものが多いのです。

 

消化器系の症状 腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振
精神症状 頭痛、めまい

参考ページ:副作用|むくみ・めまいの可能性も

 

↑はエストロモンの副作用のうち、アルコールの過剰摂取時の症状とかさなる症状をまとめたものです。

 

ポイントは、いずれも消化器系の症状があるということです。エストロモンの副作用には、吐き気や腹痛といった症状がありますが、お酒を飲みすぎた場合にも、消化器系の症状が多く見られます。そうした理由から、それぞれの消化器系の症状が重なってでてしまうと、さらに重い症状となってでてしまう危険性があります。

 

また、似たようなケースとして、精神的な症状があげられます。エストロモンを服用していて、めまいや頭痛といった副作用がでる人は、アルコールによってそれらの症状が強くでやすくなります。そのため、お酒を飲むと、ひどいめまいやふらつきがおこりやすくなり、場合によっては転倒してケガをすることも考えられます。

 

したがって、基本的にアルコールは問題ないとはいえ、場合によっては例外もあるということです。エストロモンを服用していて副作用がでるという人は、なるべくお酒は飲まないようにしましょう。