エストロモンとタバコの相性はあまりよくない

 

日常的にタバコをすっている人のなかには、医薬品との相性が気になる人もいるでしょう。ここからは、エストロモンを服用中のタバコについて、どんなリスクがあるのかを見ていきましょう。

 

効果を打消してリスクも高める

 

一般的に、医薬品とタバコを同時に摂取すると、

 

・医薬品の作用を打ち消す
・副作用が重なってしまう

 

↑の2つが問題となることがよくあります。

 

ひとつめは、医薬品の作用を打ち消すという問題です。とくに喫煙が問題視されるのは、呼吸器系の疾患を治療中の人です。抗生物質などが処方されるマイコプラズマ肺炎の場合、喫煙によって、なかなか治療が進まなかったり、症状が悪化するといったリスクがあります。これは、抗生物質の作用をタバコが打ち消しているためと考えられます。ほかにも、タバコが作用を打ち消す医薬品として、睡眠薬があります。タバコには覚醒作用があるため、睡眠薬と真逆に作用してしまいます。その結果、睡眠作用が打ち消され、眠れないといった問題がおこるのです。

 

そして、副作用が重なってしまうという問題もあります。医薬品の副作用とタバコによる症状が重複することで、副作用が重症化する可能性があるからです。タバコには胃の血流を悪くする作用があります。そして、解熱剤や鎮痛剤は胃が荒れやすいという副作用があります。この両方の症状が重なると、消化器系の症状が悪化しやすくなるのです。

 

エストロモンでまず問題となるのは「作用を打ち消す」という点でしょう。エストロモンが処方されているということは、女性ホルモンであるエストロゲンをおぎなう必要があるはずです。しかし、タバコは卵巣の血流を悪くする作用があるため、エストロゲン量を減少させてしまいます。したがって、エストロモンの治療効果が期待できなくなってしまうのです。

 

さらに危険性が高いのが、副作用が重なって重症化するケースです。エストロモンを服用すると、副作用によって血栓ができやすくなる可能性があります。そして、血流を悪くするタバコでもおなじように、血栓ができるリスクがあるのです。そのため、エストロモンとタバコを併用すると、血栓ができるリスクが重複してしまうといえます。

 

タバコの健康被害を考えれば、健康であっても喫煙は望ましくないといえます。そして、エストロモンを服用しているならなおさら、タバコは控えるべきなのです。