エストロモンとカフェイン飲料(コーヒーなど)やグレープフルーツの飲み合わせ

 

エストロモンにかぎらず、医薬品と飲み物(コーヒーやお茶、牛乳など)との相性が気になるという人はいるでしょう。

 

ここからは、エストロモンとお茶や牛乳、グレープフルーツの相性について解説します。

 

飲み合わせが気になる飲み物について知ろう

 

はじめに、「医薬品との飲み合わせが問題になりやすい飲み物」を知っておきましょう。代表例としては、

 

  1. カフェイン飲料
  2. グレープフルーツ
  3. お茶に含まれるタンニン酸
  4. 牛乳、乳製品

 

があります。

 

カフェイン飲料

 

カフェインはさまざまな食品に含まれています。たとえば、コーヒーやお茶、栄養ドリンクなどが該当します。このような、カフェインと飲み合わせが悪いとされる医薬品は意外と多いのです。

 

  1. 覚醒作用のあるカフェインは、睡眠剤や抗不安剤の作用を弱めてしまう。
  2. 血管収縮作用のあるカフェインは、ぜんそくなどで使用される気管拡張剤の作用をよわめてしまう。
  3. カフェインは胃酸をふやす作用があるため、逆流性食道炎の治療薬との相性が悪い。

 

↑はカフェインと相性のよくない医薬品となります。このように、さまざまな医薬品があるのです。

 

グレープフルーツ

 

わたしたちの体内には「CYP3A4」という酵素があり、薬成分を分解・代謝するといったはたらきをしています。しかし、グレープフルーツには、このCYP3A4のはたらきを阻害する作用があることがわかっています。そのため、CYP3A4によって薬成分を分解・代謝する医薬品を服用中に、グレープフルーツを摂取することは望ましくないといえるでしょう。仮に、それらを同時に摂取した場合、血液中に含まれる薬成分が抜けにくくなってしまうからです。

 

そのため、こういったケースに該当する医薬品を服用中であるなら、グレープフルーツは控えるべきでしょう。果実を食べるのはとうぜんNGですし、ジュースやスイーツでグレープフルーツ果汁を使用したものも要注意です。

 

タンニン酸(お茶に含まれる)

 

「タンニン酸」は、煎茶や紅茶、ウーロン茶、ジャスミン茶などに含まれています。このタンニン酸は、優れた成分といわれ、LDLコレステロールを下げたり、抗酸化作用があることでも知られています。しかし、貧血のリスクを高めるケースもあるのです。タンニン酸には、鉄の吸収をさまたげる作用があるからです。そして、貧血治療のために鉄剤を服用している場合も、その吸収率を弱めてしまう可能性があります。

 

牛乳や乳製品

 

いま、日本人の多くがカルシウム不足といわれています。そのため、カルシウム不足を牛乳によって解消しようと考える人は少なくないでしょう。ただ、医薬品のなかには、牛乳との相性が悪いものが意外とたくさんあるのです。

 

  1. 医薬品のなかには、牛乳と併用することで、吸収が遅くなることがある。
  2. 医薬品のなかには、牛乳と併用することで、200%を超えるほど吸収が早まることがある。

 

こういった医薬品では、牛乳を飲むことによって、吸収スピードが変わることがあります。知らずに牛乳を飲んでしまうと、薬の作用に影響をあたえてしまう可能性があるため、日常的に牛乳を飲んでいる人は注意が必要です。

 

エストロモンとそれぞれの飲み物の相性・飲み合わせ

 

ここからは、それぞれの飲み物とエストロモンの相性について解説します。

 

カフェインとの飲み合わせ エストロモンの効果は、カフェインによって弱まることはない。
グレープフルーツとの飲み合わせ グレープフルーツによって、エストロモンの代謝に影響を与えることはない。
タンニン酸との飲み合わせ 鉄分とエストロモンには関連性がないため、鉄分の吸収を弱めることはない。
牛乳との飲み合わせ エストロモンの吸収スピードが、牛乳によって変わることはない。

 

↑はそれぞれの飲み物とエストロモンの飲み合わせをまとめたものです。

 

いずれのケースであっても、エストロモンとの相性が悪いというものはないでしょう。つまり、強い副作用がでたり、薬の効果を弱めるといった心配はないといえます。ただ、カフェインの作用によって胃酸が増えることがあるため、エストロモンの副作用で消化器系の症状がでる人は注意が必要です。もし、そういった症状がある場合は、さらに症状が悪化するケースもあるということを、覚えておいたほうがよいでしょう。

 

エストロモンは必ず水で服用しよう

 

これまでの解説で、いくつかの飲み物とエストロモンの飲み合わせによる危険性は、それほど心配ないということがおわかりいただけたでしょうか。しかし、やはりエストロモンを服用するときは、水で飲んだほうがよいのです。

 

その理由はとてもシンプルなものです。それは、エストロモンの服用方法や用量は、水で飲むことを前提として設定しているということです。したがって、水ではない飲み物でエストロモンを飲んだ場合、ぜったいにリスクがないとはいえないのです。

 

とはいえ、重篤な症状がでるとは考えにくいでしょう。ただ、エストロモンの効き目が弱まる可能性はあるかもしれません。その結果、エストロモンの治療効果が弱まってしまったら本末転倒ですし、水でエストロモンを服用することはそれほどむずかしくないはずです。せっかく治療のためにエストロモンを服用しているのですから、指示どおりに水で飲むようにしましょう。