エストロモンの効果や通販方法!

 

ここでは、女性ホルモン剤であるエストロモンがどのように作用するかを解説していきます。また、お得に通販できる方法などについても紹介します。すこし長くなりますが、できるだけわかりやすく解説していきますので、最後まで読んでいただけると幸いです。

 

 

エストロモンとは?

 

エストロモンは女性ホルモン製剤の「プレマリン」のジェネリック医薬品となります。結合型エストロゲンと呼ばれる医薬品となり、体内に女性ホルモンを補充する役割があります。

 

女性ホルモン剤ときくと女性だけが使用するイメージがありますが、その用途は意外とはばひろく、場合によっては男性が使用することもあるのです。

 

エストロモンの通販は安い価格でできる!

 

エストロモンの入手方法は、病院で処方してもらうのが一般的ですが、ほかにも手段があります。それは、海外から安価なジェネリック医薬品を個人輸入する方法です。

 

しかし、個人輸入はめんどうな手続きが必要となり、あまり手軽な方法とはいえません。それらの手続きを省略したいなら、個人輸入代行業者を利用することをおすすめします。この方法であれば、楽天市場やアマゾンとおなじような感覚で、購入することができるからです。

 

ただ、どんな個人輸入代行業者を利用するかは、しっかり選別する必要があります。よい業者をえらぶポイントは2つあります。

 

価格ができるだけ安い業者を選ぶ

 

当然のことといえますが、まずはいちばん安い業者をえらぶことです。

 

安全性が高い業者を選ぶ

 

安全性の高い業者をえらぶことも重要です。エストロモンのジェネリック医薬品を個人輸入代行で購入するなら、信頼できる業者を利用しましょう。なかには、いいかげんな業者もいて、商品が到着するまでかなり待たされることがあるからです。購入するのが医薬品であるからこそ、メーカー保証つきで、質の高いサービスを提供してくれる業者を利用しましょう。

 

エストロモンの通販は「オオサカ堂」がおすすめ!

 

人気のたかいエストロモンは、おおくの個人輸入代行業者があつかっていますが、そのなかでもとりわけ好条件といえるのがオオサカ堂でしょう。

 

  1. 格安でエストロモンが購入できる
  2. メーカー正規保証つき

 

これらの条件をクリアしたオオサカ堂なら、エストロモンのジェネリックを安全に、しかも格安で購入することができます。

 

 

オオサカ堂は20年という長い歴史があります。利用者数がとても多いことから、おなじような業者とくらべて、最安値で購入できる商品もおおいのです。

 

そして、より注目すべきは安全性です。メーカー正規品保証がついていることで、安心して購入することができます。

 

エストロモンの価格も気になるところです。オオサカ堂であつかっているエストロモンは、最安のもので、1錠あたり20円程度です。個人輸入という性質から価格は変動しますが、業界のなかでももっとも安いといえるでしょう。

 

>>エストロモンの詳細を見てみる<<

 

↑でエストロモンのレビューを確認することができます。購入を考えているなら、1000件以上のユーザーの声を参考にするのもよいでしょう。

 

エストロモン1錠価格 到着時間
20円~(変動アリ) 最短5日 詳細

 

エストロモン効果のしくみ(作用機序)を知ろう!

 

結合型エストロゲンとよばれるエストロモンは、女性ホルモンをおぎなうための医薬品です。エストロゲンは、女性ホルモンのひとつです。

 

  1. 卵胞ホルモン(エストロゲン)
  2. 黄体ホルモン(プロゲステロン)

 

↑の2つはおおまかに分類した女性ホルモンです。なかでもエストロゲンは、

 

  1. 女性らしい体型になる
  2. 髪の毛や肌のハリをたもつ
  3. 感情のバランスを保つ
  4. 血管や骨を強化する
  5. 血液のなかのコレステロールを抑制する

 

などの効果があります。

 

しかし、こまったことに女性ホルモンは年齢とともに減少してしまうのです。

 

参考ページ:Oestrogen Dominance

 

↑は女性ホルモンの分泌量を年齢ごとにあらわしたグラフです。「Estrogen」の項目をみると、急激に減少する年代が35歳であることがわかります。

 

エストロゲンの減少によって、

 

  1. 女性らしい体型になる
  2. 髪の毛や肌のハリをたもつ
  3. 感情のバランスを保つ
  4. 血管や骨を強化する
  5. 血液のなかのコレステロールを抑制する

 

さきほど解説した↑のような効果もよわくなるということです。

 

起こりうる症状としては、更年期障害があらわれたり、膣炎卵巣機能不全症など、さまざまなケースがあります。

 

これらの症状改善に役だつと考えられているのが、エストロモンです。くり返しになりますが、エストロモンにはエストロゲンをおぎなうはたらきがあります。つまり、更年期障害など、エストロゲン減少によっておこる症状を軽くすることができるのです。

 

とはいえ、エストロモンが直接、症状を治療するわけではありません。エストロモンは女性ホルモンであるエストロゲンを補給する医薬品であり、エストロゲン不足からおこる症状を緩和させることを目的としているのです。

 

エストロモンが効果を発揮する症状って何?

 

エストロモンはエストロゲンをおぎなうための医薬品です。ここからは、具体的にどんな症状に効果を発揮するのかを紹介していきます。

 

更年期障害(ホットフラッシュ・むくみなど)

 

40代前半あたりから閉経(日本女性の平均は50.5歳)までの期間を更年期といい、女性ホルモンのバランスがくずれやすくなる時期でもあります。そのため、体にさまざまな不調がおこり、それらの症状は更年期障害とよばれます。近年では、30代でも更年期障害の症状がでることもあり、プレ更年期障害とよばれています。

 

ほかにも、ホルモンバランスが乱れる原因として、卵巣の摘出手術をおこなった場合などがあげられます。卵巣は女性ホルモンを分泌する器官であるため、卵巣がなくなることで更年期障害の症状がでるケースもあるのです。

 

  1. ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)
  2. 胸の痛み・動悸・脈が早まる
  3. 多汗(スウェッティング)
  4. めまい・ふらつき・耳鳴り
  5. 倦怠感・疲労感
  6. 肥満・やせ
  7. むくみ
  8. 頭痛
  9. 冷え
  10. 頻尿
  11. 抜け毛・薄毛(びまん性脱毛症)

 

↑は更年期障害であらわれる代表的な症状です。さまざまな症状がありますが、人によって症状が軽い人もいれば、深刻な症状がでる場合もあります。よくみられる症状として、多汗(スウェッティング)やホットフラッシュなどがあります。

 

ホットフラッシュの原因は、自律神経のバランスがくずれることにあります。女性ホルモンであるエストロゲンが正常に機能すれば、自律神経バランスは整います。しかし、エストロゲンの分泌は更年期になると減少してしまうため、自律神経バランスにも影響をあたえてしまうのです。その結果、体がほてったり、のぼせてしまうなどの症状があらわれます。女性ホルモン不足は、体のあちこちに不調をもたらす原因とも考えられています。

 

このような更年期障害の症状をおさえるために、エストロモン(結合型エストロゲン)が使用されています。エストロモンによってエストロゲンが増加すれば、乱れている自律神経のバランスが整い、症状もやわらいでいくというわけです。

 

不妊治療・不妊症(卵巣機能不全症)

 

エストロモンが使用されるのは、更年期障害の症状だけではありません。不妊治療や不妊症といったケースでも、処方されることがあります。

 

不妊になってしまう理由のひとつに、卵巣機能不全症(低下症)があるといわれています。卵巣機能不全症によって、うまく排卵できなくなったり、生理周期が乱れてしまうと、妊娠しにくい状態になってしまいます。

 

この「卵巣機能不全症」とは、卵巣機能が低下したことでおこる症状をひとまとめにして、そう呼んでいます。つまり、人によってさまざまな症状や原因が考えられるのです。

 

よくある原因としてあげられるのは、急激なダイエットやストレスです。脳の視床下部は、卵巣機能を調整するはたらきがありますが、体への負担が増すことによってそのはたらきが低下してしまうのです。このように、軽い気持ちではじめたダイエットによって、卵巣機能不全になってしまうケースも少なくありません。

 

女性ホルモンがつくられる場所は卵巣なので、卵巣機能不全になってしまうと、女性ホルモンの分泌量はいっきに減ってしまいます。決まった時期に生理がこなかったり、排卵障害がおこることもあれば、ホットフラッシュなど更年期障害でよくみられる症状がでる人もいます。

 

こういった症状にエストロモンは効果を発揮します。エストロモンによって女性ホルモン不足が解消されれば、乱れた生理周期や排卵障害が改善されます。このような治療によって、妊娠しやすい状態にしていくのです。

 

とはいえ、エストロモンは卵巣機能不全症の根本的な原因を治療するものではありません。女性ホルモンをおぎなうことで症状をおさえる効果はありますが、原因を断ち切らなければ解決しないこともあるのです。そのため、急激なダイエットをやめたり、ストレスを緩和させるなど、それらの原因を取りのぞく努力も必要となります。また、妊娠に関連する機能である排卵障害や生理不順などは、黄体ホルモンであるプロゲステロンの関係がより強いとされています。そのため、エストロモンだけで治療するケースは少なく、「ルトラール」のようなプロゲステロン製剤を併用する場合が多いでしょう。

 

いずれのケースであっても、卵巣機能不全症にはさまざまな症状があり、原因も人それぞれ違うため、処方される医薬品の組み合わせも数多くあります。つまり、単純にエストロモンだけで治療できるというわけではないのです。まずは、しっかりと医師の診断をうけ、指示通りにホルモン剤を服用することが大切です。

 

骨粗しょう症

 

わたしたちの体は毎日新陳代謝をくり返しています。それは筋肉や皮膚だけでなく、骨でもおなじです。破骨細胞によって古くなった骨は壊されて、新たな骨は骨芽細胞によって生成されます。健康で強い骨があるのは、こういった周期の調和が保たれているからです。

 

女性ホルモンであるエストロゲンは、この破骨細胞のはたらきにも関わっています。エストロゲンが減少することで、破骨細胞のはたらきが強まり、骨の新陳代謝がうまくおこなわれにくくなります。つまり、更年期により女性ホルモンが減少すれば、骨が弱くなってしまうのです。

 

骨の主成分はカルシウムですが、カルシウム不足だけが骨粗しょう症の原因とはいえません。カルシウム不足というケースももちろん否定できませんが、更年期の女性が骨粗しょう症になる理由は、エストロゲン不足のほうが多いのです。

 

こういった理由から、エストロモンを処方して骨粗しょう症を治療するケースも増えています。直接エストロゲンをおぎなうことができるエストロモンは、エストロゲンが不足することでおこる骨粗しょう症の治療に効果的なのです。

 

機能性子宮出血

 

機能性子宮出血は、女性ホルモンの分泌異常によっておこることが多く、子宮内膜がはがれて出血する状態のことをいいます。エストロゲンによって子宮内膜はつくられ、それを維持するのはプロゲステロンです。これらのはたらきがうまくいかなくなることで、子宮内膜が損傷して出血してしまいます。

 

機能性子宮出血にいたるパターンは2通りあります。まずは、女性ホルモンの分泌量が減少することにより、子宮内膜が正常に維持できなくなるケースです。この場合、エストロゲン量を増やすためにエストロモンを服用するという治療がおこなわれます。さらに、プロゲステロンが関わっていることから、プロゲステロン製剤であるルトラールなどを併用することも多くあります。つぎに、エストロゲンが過剰分泌されるケースでは、エストロモンの服用は、より症状を悪化させることになります。エストロゲンが多すぎるところに、さらにエストロゲンを補充することになるからです。

 

したがって、機能性子宮出血だからといって、エストロモンがかならずしも効果があるとはいえないのです。もし自己判断でエストロモンを服用したとして、エストロモンが症状悪化につながるケースもあるため、素人判断は危険なのです。そのため、医師の診断をうけて適切な治療をうけるということが重要です。

 

エストロモンが効きにくい・効果を発揮しない症状とは?

 

エストロモンは、女性ホルモン不足からくるさまざまな症状をおさえる医薬品であり、女性ホルモンであるエストロゲンをおぎなうというはたらきがあります。しかし、女性ホルモンが原因となる症状すべてに、処方されることはありません。

 

ここからは、「エストロモンでは効果がでない」という症状について見ていきましょう。

 

生理不順、過多月経など

 

くり返しになりますが、女性ホルモンには、卵胞ホルモンである「エストロゲン」と黄体ホルモンである「プロゲステロン」があります。

 

  1. 基礎体温を上昇させる
  2. 子宮内膜を正常に保つ
  3. 乳腺を成長させる

 

↑はプロゲステロンのおもなはたらきです。女性らしさをつくるホルモンがエストロゲンであり、妊娠しやすくするホルモンがプロゲステロンです。このうち、プロゲステロンは生理周期におおきく関係しています。

 

そのため、エストロゲンをおぎなうエストロモンでは、過多月経や生理不順といった症状には効果がでない場合もあります。しかし、エストロモンを使用することもあります。その場合は、エストロモンだけでなくプロゲステロン製剤であるルトラールを併用するケースが多いでしょう。

 

また、自宅にエストロモンが残っているからといって、安易に服用するのはさけたほうがいいでしょう。治療法は個人差があるため、自己判断は禁物です。過多月経や生理不順に悩んでいるのであれば、しっかりと医師の診断をうけたうえで、適切な処方をうけましょう。

 

ニキビ

 

ニキビになる原因はいくつかありますが、ホルモンのバランスがくずれることも原因のひとつです。睡眠不足やストレスによって男性ホルモンが増加すると、脂性肌になってしまいニキビができてしまうのです。大人ニキビで悩む女性は多いですが、その原因の多くは女性ホルモンであるエストロゲン不足であり、男性ホルモン増加によるものだといわれています。

 

このことから、「エストロモンによってエストロゲンが増えれば、ニキビ治療にも効果がありそう」と考える人もいるでしょう。しかし、エストロモンによってエストロゲンを増やしたとしても、ニキビを改善できるほどの量ではなく、ニキビ治療としての効果はあまり期待できないのです。女性ホルモンをおぎなうことでニキビ治療をおこなうのであれば、低用量ピルのほうがずっと効果的だといえます。

 

しかし、ホルモンバランスの乱れだけが、ニキビの原因ではありません。たとえば、食生活が偏っていたり、紫外線の影響なども、ニキビの原因となることがあります。その場合、たとえ女性ホルモンを増やしたとしても、症状が改善されることはありません。また、低用量ピルを服用中に、副作用という形でニキビがでることもあります。

 

そのため、ニキビを改善したいのであれば、薬だけに頼るのではなく、まずは生活習慣を見なおすことから始めましょう。それでも、まったく効果がないのであれば、皮膚科で治療をうけましょう。医師の診察によって必要と判断されれば低用量ピルなどが処方されるでしょう。ただ、エストロモンが処方される可能性はかなり低いといえます。

エストロモンの服用タイミングや用法・用量

 

エストロモンは女性ホルモンであるエストロゲンをおぎなうことで効果を発揮します。服用するタイミングによってはただしい効果がえられないこともあり、注意が必要です。

 

ここからは、エストロモンのただしい用法・用量や、最適な服用タイミングについて見ていきましょう。

 

1日1回服用、食前・食後は気にしなくてOK

 

はじめに、服用方法から確認しましょう。以下は、エストロモンの先発品「プレマリン」の添付文書の記載となります。エストロモンは中身はプレマリンと同じなので、プレマリンの用法・用量を守ればいいことになります。

 

結合型エストロゲンとして、通常成人 1 日0.625〜1.25 mgを経口投与する。

 

服用量については、決められた量をまもることが重要です。しかし、服用するタイミングは決められていないのです。そのため、処方した医師によって、服用タイミングがことなることもあります。ただ、食前・食後という指定もないため、食事の前後で効果に差がでることもないでしょう。

 

しかし、エストロモンの半減期はおよそ半日です。半減期とは薬の血中濃度が半分になる時間のことですが、半減期が半日の場合、服用が1日1回では血中濃度が低い時間が長くなってしまいます。効果を継続させるには、朝食後と夕食後にわけて1日2回服用する方法がよいでしょう。この飲み方であれば、一定量の血中濃度を1日中キープすることができるのです。食後というのは、飲み忘れを防ぐために食事と関連づけたタイミングだと考えられます。

 

とはいえ、むずかしいことは考えず、医師の指示どおりに服用すればよいでしょう。

 

2種類の服用方法がある

 

これまでに解説しているとおり、エストロモンの服用タイミングは2通りあります。

 

  1. 持続的投与法
  2. 毎日持続的に服用していく投与法。

     

  3. 間欠的投与法
  4. 3週間程度投与し、残りの1週間は休薬する投与法。

 

持続的投与は、毎日継続して投与することです。続けて服用するため、血中濃度が薄れることなく効果が保たれます。しかし、それだけ副作用がでる可能性も高くなるのです。そのため、副作用リスクを軽減させるために、間欠的投与法を選択することもあります。これは、毎月1週間くらいだけ、休薬期間をつくるという方法です。

 

どちらの服用タイミングがあっているのかは、エストロモンを服用したうえで、経過観察する必要があります。そのため、素人が判断するのは困難です。やはり、医師の診断をうけたうえで、指示どおりに服用するべきでしょう。

 

服用期間と長期服用について

 

エストロモンは、服用期間が長期化しやすい医薬品です。女性ホルモンをおぎなうという目的から、数年にわたりエストロモンを服用している人も多くいます。とはいえ、併用禁忌にあてはまらない場合や、副作用が少ないというのであれば、長期にわたって服用したとしても、それほど問題にはならないでしょう。

 

ただし、エストロモンにはリスクがあることも忘れてはいけません。エストロモンを服用することで、乳がんリスクがやや増加したり、血栓が発生しやすくなることがあります。そのため、5年以上つづけて服用する場合は、定期検査をうけることが大切です。安易に服用するのではなく、医師のアドバイスをきちんとうけて、効果とリスクのバランスをうまくとることが重要です。